カテゴリー‘日商簿記’

日商簿記とは

経理や財務に関わる仕事に必要不可欠な資格として、簿記検定資格が挙げられます。
こうした業務に携わる人材を募集している企業の多くが、
必要な資格として簿記の名を挙げるほどその重要性は高く、
また資格試験の代表的な存在としても知られています。


しかし、簿記検定にはいくつかの種類があり、その中でも最も知名度、
実用性共に高いと言われているのが日商簿記検定です。


日商簿記検定は、日本商工会議所や各地の商工会議所が主催する検定試験で、
簿記に必要となる技能や知識を検定する試験のことを指します。
一般的に日商簿記と呼ばれることが多いですが、厳密には
「日本商工会議所及び各地商工会議所主催簿記検定試験」となります。

1997年までは年に二回の開催でしたが、それ以降は年に三回行われるようになり、
多くの方が試験会場に足を運んでいます。

試験は4~1級まであり、それぞれにおいて難易度や試験料が異なります。
3~4級は商業簿記の基本を確認するための検定で、勘定科目による仕訳や、
経理関連書類の読み取り、また企業の財務状態を数字から把握することも可能となります。

2級は自身が雇用されている企業の財務状況を把握するだけでなく、
取引先企業の財務を把握するだけの知識が必要となり、1級は会計系国家試験の登竜門とも呼ばれます。

1級に合格するほどの知識と技能があれば、正確な経営管理や経営分析が可能となり、
公認会計士や税理士といった職を目指すことも可能となります。