全商簿記とは

一般的に簿記と称されるのは日商簿記検定のことを指すことが多いのですが、
簿記検定には複数の種類があることをご存じでしょうか。

最も有名かつ権威があり、実用性も高いと言われているのが日商簿記検定ですが、
同じくらい知名度の高い簿記検定に全商簿記と呼ばれるものがあります。

全商簿記を主催しているのは、公益財団法人全国商業高等学校協会で、
日本全国の商業学校が加盟している協会として知られています。

全商と略されることが多く、様々な各種検定試験の主催を行っていることでも知られています。

この団体が主催する全商簿記検定は高校生向けという性質が大きく、
そのため日商簿記検定と比べた場合比較的難易度は低く設定されており、それが特徴でもあります。

全商簿記は1~3級の設定があり、2~3級は商業簿記部門とされ商業簿記に関する問題が多く出題されます。
1級は原価計算部門、会計部門があり、会計処理に関する理論的な問題を加えた難易度の高い問題が多く出題され、特殊な計算問題も出題されます。

日商簿記検定と全商簿記検定、どちらが上でどちらが下ということはありませんが、
雇用する企業側としては日商簿記検定有資格者を優先する傾向にあります。
やはり全商簿記検定は高校生向けという性質があり、
企業としてもそのイメージが払しょくできないのでしょう。

そのため、全商簿記検定の資格を取得している方でも、
日商簿記検定資格を取得した方がより就職や転職には有利となるでしょう。

Comments are closed.